PostHeaderIcon 脂質・糖分・中性脂肪

肉類が主体の献立構成や食生活の中の脂質・糖分が多すぎるために中性脂肪が膨れ上がってしまい、肥満体の人が増えています。肥満の状態はほかの疾患へつながる危険がありますから、通称メタボ健診と呼ばれている検査が2008年4月から定められています。メタボ健診の中で生活習慣病のリスクを持つと見なされたケースでは、特定保険指導を受けることになっています。特定保険指導ではその個人の肥満タイプを識別してから、それに合った改善策について教えられることがあります。ここでは、分類される肥満のタイプに関して少し確認していきましょう。まず、女性に多いとされるのは、洋梨タイプが挙げられます。上半身は普通体型なのに、腹部やお尻、腰、太ももにたくさんの皮下脂肪がついているという肥満で、皮下脂肪型肥満という呼称が用いられたりもします。洋梨タイプのケースでは、必要以上な中性脂肪の摂取や運動を行わないことが大きな原因です。続いて、中年の男性にありがちな、りんごタイプの肥満を確認していきましょう。このタイプの肥満は内臓脂肪型肥満に該当し、おなかまわりを中心とした上半身の脂肪が多く、膨らんで見える状態です。もうひとつの内臓脂肪型肥満は「隠れ肥満型」とも呼ばれ、脂肪が肝臓などの臓器の周りに溜まるというものです。中性脂肪が肝臓で作られ、脂肪細胞を太らせていくため、内臓脂肪型肥満の原因になってしまいます。隠れ肥満型でしたら、体脂肪率を見ればすぐわかりますが、外見では肥満に見えない場合もあるため注意が必要です。最後は、現代病ともいわれている血液肥満タイプを見ていきましょう。いわゆる「ドロドロ血液」については、中性脂肪などの脂質が血液中に溜まることが原因の血液肥満のことを指し示しているのです。こうしたことから、肥満解消や肥満予防には、中性脂肪を調整することが密接に繋がっているのです。

PostHeaderIcon 脂質異常症とは?

医療に用いる言葉で、高中性脂肪血症、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症の総称に「脂質異常症」という呼称で病名が呼ばれたりします。これについては、日本動脈硬化学会が2007年に発表した指針に沿ったものです。この以前には、中性脂肪、総コレステロール、LDLコレステロール(悪玉)のいずれかが基準値を超えた場合、またHDLコレステロール(善玉)が基準値より低くなる場合にもどちらも同じく「高脂血症」と呼んでいました。けれども、善玉コレステロールの数値が低い際に、高脂血症のような「高」をいれた呼称を使うのは、誤解を呼ぶという指摘がなされてきたのです。脂質異常症の診断を下す際の基準ですが、中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満、LDLコレステロール140mg/dl以上に設定されています。高脂血症や脂質異常症での治療に関しては、まずは食事療法と運動療法をメインにした治療が実施されます。それから、食事療法と運動療法では低い成果しか出ないという場合に、薬物療法を試すことになります。食事療法と運動療法は、個々の症状や別の病気といった点を考慮に入れて、専門的プログラムが構成されます。薬物療法を行う際には、中性脂肪の値が高い患者にはフィブラート系薬剤(ヘザトールなど)を中心に投与されます。LDLコレステロールの高い人には、スタチン系薬剤(クレストール、リピトールなど)と脂質吸収抑制剤(ゼチーアなど)という種類のものが主に投与されます。また、エイコサペンタエン酸(EPA)という魚からとれる成分を精製した医薬品なども使われています。こうした薬剤で改善が見られても、偏った食生活や運動の習慣がないときに戻らないようにすることが大切です。

PostHeaderIcon 血清脂質検査

病院で血液検査を受ければ、中性脂肪の値が分かるようになっています。健康診断の結果の情報については、血清脂質検査の欄に「中性脂肪」「トリグラセライド」「TG」という項目があり、「mg/dl」の単位が扱われています。さて、この数値はどのくらいの範囲で正常な部類に入るのでしょうか。日本医師会のウェブサイトを調べてみると、中性脂肪の基準値は30〜180mg/dlと幅がありますが、150mg/dl以上は高脂血症としています。また、厚生労働省が2008年4月から40〜74歳の医療保険加入者に向けて行っている特定検診、いわゆるメタボ健診についても、特定保健指導が必要なのが150mg/dl以上の人と決定しています。ほとんどの医療現場は、中性脂肪の基準値が150mg/dl未満ですと正常範囲内、150mg/dl以上の場合は要注意とし、300mg/dl以上の場合は危険値(異常値)と設定しているのです。これが短い期間のうちに値が急上昇したり、中性脂肪とは別の脂質値との兼ね合いで考慮されるケースでは、150mg/dl未満だとしても治療が必要になります。医者からの厳重な注意を受けた人はもちろん、わずかでも不安が残る数値が表れた人も、日常生活の食事面や運動面に気を遣い改善に努める必要があるでしょう。それから、年に1回の定期健診のみならず、なるべく血液検査をしてもらうようにしましょう。改善策として食事内容や運動習慣などを変化させても数値の下降が順調にいかない場合には、何かほかの病気が関係している場合もあります。自己判断で数値を見てしまうのは危険なことがありますので、分からない点は医師に質問してみましょう。ただし、食事をしてしまうと中性脂肪の値が上昇しますので、採血検査は12時間以上何も食べない状態で行わなくてはなりません。

PostHeaderIcon 関連ページ情報


Highlights
  • リンパ節のマッサージ

    足やせ方法として効果が高いのはリンパ節をメインとしたマッサージを取り入れることです。 リンパ液とは、体内に必要のない余分な脂肪や老廃物や水分を体外へと流し出すのに必要とされる役目を果たしています。足や
    Read more...

  • リンパ節のマッサージ

    足やせ方法として効果が高いのはリンパ節をメインとしたマッサージを取り入れることです。 リンパ液とは、体内に必要のない余分な脂肪や老廃物や水分を体外へと流し出すのに必要とされる役目を果たしています。足や
    Read more...

  • 中性脂肪と有酸素運動

    中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからで
    Read more...

  • リンパ節のマッサージ

    足やせ方法として効果が高いのはリンパ節をメインとしたマッサージを取り入れることです。 リンパ液とは、体内に必要のない余分な脂肪や老廃物や水分を体外へと流し出すのに必要とされる役目を果たしています。足や
    Read more...

  • 足のくびれ

    ふと見ると、足首の細い部分がなくなったと感じる方もいることでしょう。この年齢までそんなことは起きなかったのに、足のくびれがなくなったり、むくんだままになってしまったなどの悩みが出てきていませんか。それ
    Read more...