PostHeaderIcon ひざの脂肪

一見脂肪がないように見えるひざも脂肪は付きます。ひざの後ろ部分には、足やせの効果が得られるリンパ節があります。そこをマッサージすることを心がけると、滞っていた老廃物や脂肪をろ過することができるようになります。立ち仕事が多い人、座ったままで長時間過ごすという人は、積極的にここを刺激するようにしてむくみも疲労も解消しましょう。はじめに、2つの親指を重ねたところから、ひざ周りを外側から内側に円を描くように押します。その次に、ひざの周辺に付着している脂肪を、両手でつまんで互い違いに動かします。さらに握りこぶしをつくり、ひざの裏や横にセットして力をいれつつ腿の上を移動していきます。このマッサージを3回から5回実践することで、ひざ裏側にあるリンパ節の方向へリンパ液が流れ出します。正しいマッサージを施すことで、足やせ効果を十分にあらわすことが可能です。このいくつかのマッサージによって、ひざ太りの原因になっているぜい肉を固まってる状態から柔らかい状態にします。リンパ節を意識したマッサージで、リンパ液の流れは改善します。リンパ液は、血液の流れのように心臓のポンプ力を利用して押し出すことができないので、心臓に戻すようにこぶしでマッサージするのです。手軽にできるマッサージですが、足やせを実感できると言われています。このようなマッサージには足のだるさを除去する効果もあります。長いこと足に倦怠感がある人にも、とても役立つマッサージです。足やせの必要がなくても、毎日実践するように心がけると、セルライトの生成を防止できます。足に加えて身体のいろいろな部分もマッサージすると、今以上にきれいな足に変身できるかもしれません。痛いくらいの力加減は、セルライトができやすい状態を改善できないので気をつけなければいけません。

PostHeaderIcon 中性脂肪と有酸素運動

中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからでも日々わずかでも運動をする癖をつけるようにしましょう。このことで、運動をする癖が身に付いてきたら、今度は有酸素運動を始めてみましょう。有酸素運動というのは、運動のうち多量の酸素を体内に摂取しながらする類を言い、中性脂肪を効率的に減らすのに役立ちます。誰でも始められるような有酸素運動としては、ジョギングやウォーキング、それから水泳やサイクリングが挙げられます。有酸素運動の準備として、はじめに足首のような体の節々の動作に必要な簡易的な体操を行って深呼吸をしましょう。運動を始めたあとは、ペースが落ちても構わないので、30分程度は止めずに続けることが必要です。それは、運動エネルギーがはじめに筋肉の中のグリコーゲン、次に糖質、その次に脂肪という順番で消費されるからです。ですから中性脂肪をしっかり燃焼させるためには、運動を30分以上行うのが効果的なのです。運動したあとは、汗をよく拭いてから水分もたっぷり摂るようにしてください。慣れないうちはサボりたいと考えたり、早起きして運動しなければいけないのをきついと感じたりする人がたくさんいます。しかし、それなりに長い期間継続していき体の重さが解消されるのを感じると、徐々にゆとりができて運動が苦にならなくなります。なお、過度の運動は逆効果であるばかりか、体のトラブルへつながってしまうこともあります。太っている方は特に、どういった種類の運動にどの程度取り組むのが適当なのかを医療機関で相談するのが賢明です。

PostHeaderIcon メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームやダイエットへの意識が向けられることが多くなっている中で、中性脂肪値は低ければ低いほど望ましいと認識されている節があります。実際問題として、中性脂肪値に関しては、低過ぎる場合にも健康への悪影響を与えることがあります。基本的に中性脂肪はエネルギー源や体温調節の他、皮膚や器官を衝撃から守るといった大きな働きをしています。このため、全く中性脂肪が見られない状態にあるのは、生命を失いかねない状態といっても過言ではないのです。中性脂肪値が低くなりすぎた状態では、このような変調が表れることがあります。エネルギー源が不足している場合、長時間食事をとれなかったときや激しい運動の際などに、倒れる危険が出てきます。体温調節機能に異常が生じると、人体の熱の産生であったり放出させたりするのを防いだりすることがうまくできなくなります。そのため、低体温症や熱中症に結び付いてしまう恐れがあります。衝撃が中性脂肪によって緩和されないと、ちょっとした打撲でも体に重大な傷を受ける結果になることがあります。ただ、中性脂肪の値が微妙に低いくらいのレベルなら、大抵の場合は大丈夫です。ダイエットの真っ最中という人は、栄養が少し足りないサインだと理解し、脂質や糖質を少しだけ補うとよいでしょう。また、体型が痩せ型に分類される人には、体質的に普通より中性脂肪値が低い人がいるのです。そのような人が無理に脂肪分の多い食事をすると、体の消化器官に負担が圧し掛かり体に不調をきたすことになりかねませんので、注意しなくてはなりません。ちなみに、急に中性脂肪の数値が下がるようなケースは、何かほかの病気と関連がある場合もあります。健康診断を受けたときの結果を受けて心配な点があれば、医師に直接相談してみるとよいでしょう。

PostHeaderIcon 関連ページ情報


Highlights
  • 中性脂肪と有酸素運動

    中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからで
    Read more...

  • セルライトとは

    ダイエットを目指した経験がある人なら、「セルライト」に関して聞き覚えがあるでしょう。セルライトはセルフチェックで苦労することなく見つかります。セルライトとは、「オレンジピールスキン現象」が起こっている
    Read more...

  • メタボリックシンドローム

    メタボリックシンドロームやダイエットへの意識が向けられることが多くなっている中で、中性脂肪値は低ければ低いほど望ましいと認識されている節があります。実際問題として、中性脂肪値に関しては、低過ぎる場合に
    Read more...

  • セルライトとは

    ダイエットを目指した経験がある人なら、「セルライト」に関して聞き覚えがあるでしょう。セルライトはセルフチェックで苦労することなく見つかります。セルライトとは、「オレンジピールスキン現象」が起こっている
    Read more...

  • 中性脂肪と有酸素運動

    中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからで
    Read more...