PostHeaderIcon 足のくびれ

ふと見ると、足首の細い部分がなくなったと感じる方もいることでしょう。この年齢までそんなことは起きなかったのに、足のくびれがなくなったり、むくんだままになってしまったなどの悩みが出てきていませんか。それは、慢性化したむくみが要因になっています。マッサージを足くびに施すのは女性向きのケアなので、目的は足やせに限らないので日々の生活で実践してはいかがでしょうか。女性ホルモンの分泌に作用するツボが、くるぶし周辺に存在するためです。くるぶしを意識してマッサージを行うと、女性のホルモンバランスを整えることができます。足首を回すだけでも効果がありますので、テレビを見ながらでもやってみましょう。足やせ効果があるマッサージを加えることで、足首を細くすることができるはずです。はじめに、手を握った状態で、両手をくるぶしに当てて押していきます。このマッサージで、気持ちがいいと感じることができた場所がツボです。それから、アキレス腱周辺を両方の握りこぶしで挟んだ状態で、上向きに押していきましょう。その後も、両手を同じように握って、足の指の根元から足首へと押し上げていくように動かしてください。一番良いのは痛みが少しある状態です。最後に両手で足首を包むようにして、アキレス腱付近からふくらはぎの方へとしぼりながら移動させます。足やせの効果を高めるには、運動も組み合わせるのがおすすめです。かかとを床につけたり床から浮かせたりを10回ほど繰り返すのと引き締まるのを実感できます。このとき、つま先を開いた状態、開かずに立っている状態、かかとだけがついていない状態で行っていくとより効果を得られます。足首については、どんな状況でも刺激を与えられるので、できるだけ動かすことをおすすめします。

PostHeaderIcon 足やせマッサージ

マッサージは、足やせにとって大きな成果をもたらします。プロに携わってもらうのは時間とお金の無駄遣いです。自宅でいつでもやっていくことができます。エステティックサロンでも、足やせマッサージやもみ出しなどを行っていますが、費用を抑えるには自分で行うことが大切です。足やせできると評判のマッサージには、2つに分けられます。筋肉に対して行うものと、リンパ節に働きかけるものです。筋肉に刺激を与えるということは、新陳代謝の活性化につながり、脂肪を燃焼させて足やせを目指します。リンパ節に作用するということは、リンパ管内の流れを良くすることによって、老廃物や脂肪を体外に排出するのを助けます。マッサージは、日々続けていくことで成果を得ることができます。足やせマッサージするくせを持つ必要があります。一番効果が上がる方法は、体温が高い時をねらって行うことです。つまり、お風呂に入りながら行うか、お風呂上がりのマッサージに効果を期待できるでしょう。お風呂に入らない人はいないので、身体を洗浄しながらマッサージすることができるのです。バスタイムの後にはボディ用のスキンケアクリームをつけながらマッサージ効果も得ることができます。足やせに効果を発揮するリンパ節は足の付け根とひざの裏にあるので、手のひらや指の腹を使用してなでる感覚でマッサージします。足首を起点にしてひざ裏のリンパ節までを、力を抜いてマッサージすることを心がけましょう。太腿へのマッサージは、ひざを両方の手のひらで包み、その形のままで足の付け根まで押し上げを行います。痛みを感じるほどの強さで行うのは、意味がないのでやめましょう。

PostHeaderIcon 脂質異常症とは?

医療に用いる言葉で、高中性脂肪血症、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症の総称に「脂質異常症」という呼称で病名が呼ばれたりします。これについては、日本動脈硬化学会が2007年に発表した指針に沿ったものです。この以前には、中性脂肪、総コレステロール、LDLコレステロール(悪玉)のいずれかが基準値を超えた場合、またHDLコレステロール(善玉)が基準値より低くなる場合にもどちらも同じく「高脂血症」と呼んでいました。けれども、善玉コレステロールの数値が低い際に、高脂血症のような「高」をいれた呼称を使うのは、誤解を呼ぶという指摘がなされてきたのです。脂質異常症の診断を下す際の基準ですが、中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満、LDLコレステロール140mg/dl以上に設定されています。高脂血症や脂質異常症での治療に関しては、まずは食事療法と運動療法をメインにした治療が実施されます。それから、食事療法と運動療法では低い成果しか出ないという場合に、薬物療法を試すことになります。食事療法と運動療法は、個々の症状や別の病気といった点を考慮に入れて、専門的プログラムが構成されます。薬物療法を行う際には、中性脂肪の値が高い患者にはフィブラート系薬剤(ヘザトールなど)を中心に投与されます。LDLコレステロールの高い人には、スタチン系薬剤(クレストール、リピトールなど)と脂質吸収抑制剤(ゼチーアなど)という種類のものが主に投与されます。また、エイコサペンタエン酸(EPA)という魚からとれる成分を精製した医薬品なども使われています。こうした薬剤で改善が見られても、偏った食生活や運動の習慣がないときに戻らないようにすることが大切です。

PostHeaderIcon 関連ページ情報


Highlights
  • リンパ節のマッサージ

    足やせ方法として効果が高いのはリンパ節をメインとしたマッサージを取り入れることです。 リンパ液とは、体内に必要のない余分な脂肪や老廃物や水分を体外へと流し出すのに必要とされる役目を果たしています。足や
    Read more...

  • 中性脂肪と食事療法

    中性脂肪は、本来の予備エネルギーとしての機能を果たせる分だけを貯蓄し、余りが多く出ないようにすることが理想的と言えます。中性脂肪値が現状において要注意になっているケースでは、これ以上ひどくならないよう
    Read more...

  • リンパ節のマッサージ

    足やせ方法として効果が高いのはリンパ節をメインとしたマッサージを取り入れることです。 リンパ液とは、体内に必要のない余分な脂肪や老廃物や水分を体外へと流し出すのに必要とされる役目を果たしています。足や
    Read more...

  • リンパ節のマッサージ

    足やせ方法として効果が高いのはリンパ節をメインとしたマッサージを取り入れることです。 リンパ液とは、体内に必要のない余分な脂肪や老廃物や水分を体外へと流し出すのに必要とされる役目を果たしています。足や
    Read more...

  • リンパ節のマッサージ

    足やせ方法として効果が高いのはリンパ節をメインとしたマッサージを取り入れることです。 リンパ液とは、体内に必要のない余分な脂肪や老廃物や水分を体外へと流し出すのに必要とされる役目を果たしています。足や
    Read more...