PostHeaderIcon 中性脂肪と有酸素運動

中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからでも日々わずかでも運動をする癖をつけるようにしましょう。このことで、運動をする癖が身に付いてきたら、今度は有酸素運動を始めてみましょう。有酸素運動というのは、運動のうち多量の酸素を体内に摂取しながらする類を言い、中性脂肪を効率的に減らすのに役立ちます。誰でも始められるような有酸素運動としては、ジョギングやウォーキング、それから水泳やサイクリングが挙げられます。有酸素運動の準備として、はじめに足首のような体の節々の動作に必要な簡易的な体操を行って深呼吸をしましょう。運動を始めたあとは、ペースが落ちても構わないので、30分程度は止めずに続けることが必要です。それは、運動エネルギーがはじめに筋肉の中のグリコーゲン、次に糖質、その次に脂肪という順番で消費されるからです。ですから中性脂肪をしっかり燃焼させるためには、運動を30分以上行うのが効果的なのです。運動したあとは、汗をよく拭いてから水分もたっぷり摂るようにしてください。慣れないうちはサボりたいと考えたり、早起きして運動しなければいけないのをきついと感じたりする人がたくさんいます。しかし、それなりに長い期間継続していき体の重さが解消されるのを感じると、徐々にゆとりができて運動が苦にならなくなります。なお、過度の運動は逆効果であるばかりか、体のトラブルへつながってしまうこともあります。太っている方は特に、どういった種類の運動にどの程度取り組むのが適当なのかを医療機関で相談するのが賢明です。

PostHeaderIcon 足のくびれ

ふと見ると、足首の細い部分がなくなったと感じる方もいることでしょう。この年齢までそんなことは起きなかったのに、足のくびれがなくなったり、むくんだままになってしまったなどの悩みが出てきていませんか。それは、慢性化したむくみが要因になっています。マッサージを足くびに施すのは女性向きのケアなので、目的は足やせに限らないので日々の生活で実践してはいかがでしょうか。女性ホルモンの分泌に作用するツボが、くるぶし周辺に存在するためです。くるぶしを意識してマッサージを行うと、女性のホルモンバランスを整えることができます。足首を回すだけでも効果がありますので、テレビを見ながらでもやってみましょう。足やせ効果があるマッサージを加えることで、足首を細くすることができるはずです。はじめに、手を握った状態で、両手をくるぶしに当てて押していきます。このマッサージで、気持ちがいいと感じることができた場所がツボです。それから、アキレス腱周辺を両方の握りこぶしで挟んだ状態で、上向きに押していきましょう。その後も、両手を同じように握って、足の指の根元から足首へと押し上げていくように動かしてください。一番良いのは痛みが少しある状態です。最後に両手で足首を包むようにして、アキレス腱付近からふくらはぎの方へとしぼりながら移動させます。足やせの効果を高めるには、運動も組み合わせるのがおすすめです。かかとを床につけたり床から浮かせたりを10回ほど繰り返すのと引き締まるのを実感できます。このとき、つま先を開いた状態、開かずに立っている状態、かかとだけがついていない状態で行っていくとより効果を得られます。足首については、どんな状況でも刺激を与えられるので、できるだけ動かすことをおすすめします。

PostHeaderIcon 中性脂肪と食事療法

中性脂肪は、本来の予備エネルギーとしての機能を果たせる分だけを貯蓄し、余りが多く出ないようにすることが理想的と言えます。中性脂肪値が現状において要注意になっているケースでは、これ以上ひどくならないように食生活を見直すことから早急に行う必要があります。第一に、食事を摂る回数や時間を見直してみましょう。朝食はいつも食べないという方や、夜遅い時間に晩ごはんを済ませる人は、中性脂肪が蓄えられやすいとされています。食事は規則正しく朝昼晩と3回摂り、朝と昼を多く食べるようにします。晩ごはんは、できるだけ早い時間に、量もとりすぎないことが大切です。それでは、食事の中身についても見直してみましょう。基本的には通常ダイエットを行うときと同じで、脂質や糖質がたくさんはいっている食品は食べないように心がけることです。そして、中性脂肪を減少させる性質をもつ食材を取り入れる努力をすれば、さらに効果的な食生活の改善ができます。魚介類のイワシ、サバ、ニシンには、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が備わっているのです。このEPAとDHAは不飽和脂肪酸であり、肝臓で中性脂肪が作り出されるのを鈍化させたり、血中の中性脂肪の濃度を下げる働きがあることがわかっています。納豆にも、ナットウキナーゼという名がつけられている酵素が含まれています。ナットウキナーゼの持つ効果には、血栓の分解というものがあり、俗に言うドロドロ血液をサラサラ血液に変えてくれます。豆類や海藻類の特徴は、カロリーは低いのですが、食物繊維量は豊富に入っている食品です。食物繊維には、脂質や糖質などを吸着し、体外へ排出する働きがあります。このほか、特保認定を受けている食品を摂るというのも有効です。しかし、中性脂肪値が危険レベルの方は、お医者さんの指導で食事療法を実行しなくてはなりません。

PostHeaderIcon 関連ページ情報


Highlights
  • 中性脂肪と有酸素運動

    中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからで
    Read more...

  • ひざの脂肪

    一見脂肪がないように見えるひざも脂肪は付きます。ひざの後ろ部分には、足やせの効果が得られるリンパ節があります。そこをマッサージすることを心がけると、滞っていた老廃物や脂肪をろ過することができるようにな
    Read more...

  • 中性脂肪と有酸素運動

    中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからで
    Read more...

  • 中性脂肪と食事療法

    中性脂肪は、本来の予備エネルギーとしての機能を果たせる分だけを貯蓄し、余りが多く出ないようにすることが理想的と言えます。中性脂肪値が現状において要注意になっているケースでは、これ以上ひどくならないよう
    Read more...

  • リンパ節のマッサージ

    足やせ方法として効果が高いのはリンパ節をメインとしたマッサージを取り入れることです。 リンパ液とは、体内に必要のない余分な脂肪や老廃物や水分を体外へと流し出すのに必要とされる役目を果たしています。足や
    Read more...