PostHeaderIcon 中性脂肪と有酸素運動

中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからでも日々わずかでも運動をする癖をつけるようにしましょう。このことで、運動をする癖が身に付いてきたら、今度は有酸素運動を始めてみましょう。有酸素運動というのは、運動のうち多量の酸素を体内に摂取しながらする類を言い、中性脂肪を効率的に減らすのに役立ちます。誰でも始められるような有酸素運動としては、ジョギングやウォーキング、それから水泳やサイクリングが挙げられます。有酸素運動の準備として、はじめに足首のような体の節々の動作に必要な簡易的な体操を行って深呼吸をしましょう。運動を始めたあとは、ペースが落ちても構わないので、30分程度は止めずに続けることが必要です。それは、運動エネルギーがはじめに筋肉の中のグリコーゲン、次に糖質、その次に脂肪という順番で消費されるからです。ですから中性脂肪をしっかり燃焼させるためには、運動を30分以上行うのが効果的なのです。運動したあとは、汗をよく拭いてから水分もたっぷり摂るようにしてください。慣れないうちはサボりたいと考えたり、早起きして運動しなければいけないのをきついと感じたりする人がたくさんいます。しかし、それなりに長い期間継続していき体の重さが解消されるのを感じると、徐々にゆとりができて運動が苦にならなくなります。なお、過度の運動は逆効果であるばかりか、体のトラブルへつながってしまうこともあります。太っている方は特に、どういった種類の運動にどの程度取り組むのが適当なのかを医療機関で相談するのが賢明です。

PostHeaderIcon 脂質異常症とは?

医療に用いる言葉で、高中性脂肪血症、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症の総称に「脂質異常症」という呼称で病名が呼ばれたりします。これについては、日本動脈硬化学会が2007年に発表した指針に沿ったものです。この以前には、中性脂肪、総コレステロール、LDLコレステロール(悪玉)のいずれかが基準値を超えた場合、またHDLコレステロール(善玉)が基準値より低くなる場合にもどちらも同じく「高脂血症」と呼んでいました。けれども、善玉コレステロールの数値が低い際に、高脂血症のような「高」をいれた呼称を使うのは、誤解を呼ぶという指摘がなされてきたのです。脂質異常症の診断を下す際の基準ですが、中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満、LDLコレステロール140mg/dl以上に設定されています。高脂血症や脂質異常症での治療に関しては、まずは食事療法と運動療法をメインにした治療が実施されます。それから、食事療法と運動療法では低い成果しか出ないという場合に、薬物療法を試すことになります。食事療法と運動療法は、個々の症状や別の病気といった点を考慮に入れて、専門的プログラムが構成されます。薬物療法を行う際には、中性脂肪の値が高い患者にはフィブラート系薬剤(ヘザトールなど)を中心に投与されます。LDLコレステロールの高い人には、スタチン系薬剤(クレストール、リピトールなど)と脂質吸収抑制剤(ゼチーアなど)という種類のものが主に投与されます。また、エイコサペンタエン酸(EPA)という魚からとれる成分を精製した医薬品なども使われています。こうした薬剤で改善が見られても、偏った食生活や運動の習慣がないときに戻らないようにすることが大切です。

PostHeaderIcon 足やせ

足やせは、日常生活のちょっとした工夫でほっそりとしたきれいな足を手に入れることができます。大根足になった要因を紐解けば当たり前と言えるでしょう。むくみがあらわれていたり、筋肉が過度についている、身体のゆがみによるものが、太い足を生み出してしまうようです。自分自身の足が徐々に太ってしまった理由を思い返してみましょう。むくみが原因と分かったら、むくみの要因として考えられる日常的要因、食生活の乱れを改善していきましょう。足を太く見せてしまうむくみは冷え性を抱える人に引き起こされるということが分かっています。食事で摂る塩分はできるだけ少なくして、食事は身体を冷やさないように改めていくことが大切です。冷えを解消すると言われている根野菜、温野菜などが良いとされていますし、水分も摂取しなければいけません。終日同じ姿勢をしている人や立っていることが多い人は、むくみを良くするためのストレッチなどを日々の生活に取り入れるのが効果的です。むくんでいるのを解消しながら身体のゆがみをなくすストレッチを実践すると、足やせ成功の近道になります。筋肉に脂肪が付くことによって太い足に変わってしまったのは、運動を急に中止した人だけに起きる症状です。筋肉によって新陳代謝が活発になっていたにも関わらず、運動をやめたことが原因で脂肪燃焼がストップして、行き場のない脂肪が残って筋肉のやわらかさが失われてしまうのです。その場合には、かたくなった筋肉などをやわらかい状態に変えましょう。筋肉をやわらかくすると、リンパ液が正しく動いていきます。筋肉から硬さをとるには、誰でもできるようなストレッチをおすすめします。ウォーミングアップで行うような感じで身体の隅々まで伸ばしたらリンパ節の揉みほぐしを行います。効果的に足やせを行うために、順番を変えずに動かすことが大切です。

PostHeaderIcon 関連ページ情報


Highlights
  • リンパ節のマッサージ

    足やせ方法として効果が高いのはリンパ節をメインとしたマッサージを取り入れることです。 リンパ液とは、体内に必要のない余分な脂肪や老廃物や水分を体外へと流し出すのに必要とされる役目を果たしています。足や
    Read more...

  • リンパ節のマッサージ

    足やせ方法として効果が高いのはリンパ節をメインとしたマッサージを取り入れることです。 リンパ液とは、体内に必要のない余分な脂肪や老廃物や水分を体外へと流し出すのに必要とされる役目を果たしています。足や
    Read more...

  • 中性脂肪と食事療法

    中性脂肪は、本来の予備エネルギーとしての機能を果たせる分だけを貯蓄し、余りが多く出ないようにすることが理想的と言えます。中性脂肪値が現状において要注意になっているケースでは、これ以上ひどくならないよう
    Read more...

  • 中性脂肪と食事療法

    中性脂肪は、本来の予備エネルギーとしての機能を果たせる分だけを貯蓄し、余りが多く出ないようにすることが理想的と言えます。中性脂肪値が現状において要注意になっているケースでは、これ以上ひどくならないよう
    Read more...

  • 足やせマッサージ

    マッサージは、足やせにとって大きな成果をもたらします。プロに携わってもらうのは時間とお金の無駄遣いです。自宅でいつでもやっていくことができます。エステティックサロンでも、足やせマッサージやもみ出しなど
    Read more...