PostHeaderIcon メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームやダイエットへの意識が向けられることが多くなっている中で、中性脂肪値は低ければ低いほど望ましいと認識されている節があります。実際問題として、中性脂肪値に関しては、低過ぎる場合にも健康への悪影響を与えることがあります。基本的に中性脂肪はエネルギー源や体温調節の他、皮膚や器官を衝撃から守るといった大きな働きをしています。このため、全く中性脂肪が見られない状態にあるのは、生命を失いかねない状態といっても過言ではないのです。中性脂肪値が低くなりすぎた状態では、このような変調が表れることがあります。エネルギー源が不足している場合、長時間食事をとれなかったときや激しい運動の際などに、倒れる危険が出てきます。体温調節機能に異常が生じると、人体の熱の産生であったり放出させたりするのを防いだりすることがうまくできなくなります。そのため、低体温症や熱中症に結び付いてしまう恐れがあります。衝撃が中性脂肪によって緩和されないと、ちょっとした打撲でも体に重大な傷を受ける結果になることがあります。ただ、中性脂肪の値が微妙に低いくらいのレベルなら、大抵の場合は大丈夫です。ダイエットの真っ最中という人は、栄養が少し足りないサインだと理解し、脂質や糖質を少しだけ補うとよいでしょう。また、体型が痩せ型に分類される人には、体質的に普通より中性脂肪値が低い人がいるのです。そのような人が無理に脂肪分の多い食事をすると、体の消化器官に負担が圧し掛かり体に不調をきたすことになりかねませんので、注意しなくてはなりません。ちなみに、急に中性脂肪の数値が下がるようなケースは、何かほかの病気と関連がある場合もあります。健康診断を受けたときの結果を受けて心配な点があれば、医師に直接相談してみるとよいでしょう。

PostHeaderIcon 中性脂肪と食事療法

中性脂肪は、本来の予備エネルギーとしての機能を果たせる分だけを貯蓄し、余りが多く出ないようにすることが理想的と言えます。中性脂肪値が現状において要注意になっているケースでは、これ以上ひどくならないように食生活を見直すことから早急に行う必要があります。第一に、食事を摂る回数や時間を見直してみましょう。朝食はいつも食べないという方や、夜遅い時間に晩ごはんを済ませる人は、中性脂肪が蓄えられやすいとされています。食事は規則正しく朝昼晩と3回摂り、朝と昼を多く食べるようにします。晩ごはんは、できるだけ早い時間に、量もとりすぎないことが大切です。それでは、食事の中身についても見直してみましょう。基本的には通常ダイエットを行うときと同じで、脂質や糖質がたくさんはいっている食品は食べないように心がけることです。そして、中性脂肪を減少させる性質をもつ食材を取り入れる努力をすれば、さらに効果的な食生活の改善ができます。魚介類のイワシ、サバ、ニシンには、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が備わっているのです。このEPAとDHAは不飽和脂肪酸であり、肝臓で中性脂肪が作り出されるのを鈍化させたり、血中の中性脂肪の濃度を下げる働きがあることがわかっています。納豆にも、ナットウキナーゼという名がつけられている酵素が含まれています。ナットウキナーゼの持つ効果には、血栓の分解というものがあり、俗に言うドロドロ血液をサラサラ血液に変えてくれます。豆類や海藻類の特徴は、カロリーは低いのですが、食物繊維量は豊富に入っている食品です。食物繊維には、脂質や糖質などを吸着し、体外へ排出する働きがあります。このほか、特保認定を受けている食品を摂るというのも有効です。しかし、中性脂肪値が危険レベルの方は、お医者さんの指導で食事療法を実行しなくてはなりません。

PostHeaderIcon 血清脂質検査

病院で血液検査を受ければ、中性脂肪の値が分かるようになっています。健康診断の結果の情報については、血清脂質検査の欄に「中性脂肪」「トリグラセライド」「TG」という項目があり、「mg/dl」の単位が扱われています。さて、この数値はどのくらいの範囲で正常な部類に入るのでしょうか。日本医師会のウェブサイトを調べてみると、中性脂肪の基準値は30〜180mg/dlと幅がありますが、150mg/dl以上は高脂血症としています。また、厚生労働省が2008年4月から40〜74歳の医療保険加入者に向けて行っている特定検診、いわゆるメタボ健診についても、特定保健指導が必要なのが150mg/dl以上の人と決定しています。ほとんどの医療現場は、中性脂肪の基準値が150mg/dl未満ですと正常範囲内、150mg/dl以上の場合は要注意とし、300mg/dl以上の場合は危険値(異常値)と設定しているのです。これが短い期間のうちに値が急上昇したり、中性脂肪とは別の脂質値との兼ね合いで考慮されるケースでは、150mg/dl未満だとしても治療が必要になります。医者からの厳重な注意を受けた人はもちろん、わずかでも不安が残る数値が表れた人も、日常生活の食事面や運動面に気を遣い改善に努める必要があるでしょう。それから、年に1回の定期健診のみならず、なるべく血液検査をしてもらうようにしましょう。改善策として食事内容や運動習慣などを変化させても数値の下降が順調にいかない場合には、何かほかの病気が関係している場合もあります。自己判断で数値を見てしまうのは危険なことがありますので、分からない点は医師に質問してみましょう。ただし、食事をしてしまうと中性脂肪の値が上昇しますので、採血検査は12時間以上何も食べない状態で行わなくてはなりません。

PostHeaderIcon 関連ページ情報


Highlights
  • 足のくびれ

    ふと見ると、足首の細い部分がなくなったと感じる方もいることでしょう。この年齢までそんなことは起きなかったのに、足のくびれがなくなったり、むくんだままになってしまったなどの悩みが出てきていませんか。それ
    Read more...

  • ひざの脂肪

    一見脂肪がないように見えるひざも脂肪は付きます。ひざの後ろ部分には、足やせの効果が得られるリンパ節があります。そこをマッサージすることを心がけると、滞っていた老廃物や脂肪をろ過することができるようにな
    Read more...

  • 中性脂肪と食事療法

    中性脂肪は、本来の予備エネルギーとしての機能を果たせる分だけを貯蓄し、余りが多く出ないようにすることが理想的と言えます。中性脂肪値が現状において要注意になっているケースでは、これ以上ひどくならないよう
    Read more...

  • 足やせマッサージ

    マッサージは、足やせにとって大きな成果をもたらします。プロに携わってもらうのは時間とお金の無駄遣いです。自宅でいつでもやっていくことができます。エステティックサロンでも、足やせマッサージやもみ出しなど
    Read more...

  • 中性脂肪と有酸素運動

    中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからで
    Read more...