PostHeaderIcon リンパ節のマッサージ

足やせ方法として効果が高いのはリンパ節をメインとしたマッサージを取り入れることです。 リンパ液とは、体内に必要のない余分な脂肪や老廃物や水分を体外へと流し出すのに必要とされる役目を果たしています。足やせを早く実感するには下半身から排出できない老廃物などをリンパ管に流し込むことでリンパ液を無駄なく循環させるのが一番です。マッサージに取り組む前に、普段の生活で自分がしている姿勢を思い出してみましょう。横座りをする機会が多い人、普段から足を組んで座っている人は、足やせ効果のあるリンパ節が圧迫され、リンパ液の流れ方が悪くなります。ちょっとした空き時間にひざ裏のリンパ節を意識して刺激しましょう。リンパ液が停滞することなく流れることで体内になくてもよいものが尿となって流れ出ていきます。くるぶしあたりからひざの後ろ側にあるリンパ節に方向を定めてマッサージをすることと太腿の内外から足の付け根にかけての揉みほぐしが足やせを成功させる秘訣です。足の脂肪の付き方は人それぞれのパターンがあります。太腿が太くなってしまう人、ひざ周りが太る人、ふくらはぎに脂肪が蓄積してしまう人、足首が太めの人、といった感じです。部位が異なると、どのようにマッサージをするかも違います。適した方法でマッサージを続けることによって、足やせの成果が出てきます。自分の足を鏡に映して、どこの部分に意識して行うか決めます。足やせを期待できるマッサージは難しくはありません。自分の手で押して、気持ちよくなれば十分です。手のひらを使って流したり、ひねる動作を行ったり、こぶしを使ってさするなど、単純な動きで足やせが可能となります。

PostHeaderIcon リンパ節のマッサージ

足やせ方法として効果が高いのはリンパ節をメインとしたマッサージを取り入れることです。 リンパ液とは、体内に必要のない余分な脂肪や老廃物や水分を体外へと流し出すのに必要とされる役目を果たしています。足やせを早く実感するには下半身から排出できない老廃物などをリンパ管に流し込むことでリンパ液を無駄なく循環させるのが一番です。マッサージに取り組む前に、普段の生活で自分がしている姿勢を思い出してみましょう。横座りをする機会が多い人、普段から足を組んで座っている人は、足やせ効果のあるリンパ節が圧迫され、リンパ液の流れ方が悪くなります。ちょっとした空き時間にひざ裏のリンパ節を意識して刺激しましょう。リンパ液が停滞することなく流れることで体内になくてもよいものが尿となって流れ出ていきます。くるぶしあたりからひざの後ろ側にあるリンパ節に方向を定めてマッサージをすることと太腿の内外から足の付け根にかけての揉みほぐしが足やせを成功させる秘訣です。足の脂肪の付き方は人それぞれのパターンがあります。太腿が太くなってしまう人、ひざ周りが太る人、ふくらはぎに脂肪が蓄積してしまう人、足首が太めの人、といった感じです。部位が異なると、どのようにマッサージをするかも違います。適した方法でマッサージを続けることによって、足やせの成果が出てきます。自分の足を鏡に映して、どこの部分に意識して行うか決めます。足やせを期待できるマッサージは難しくはありません。自分の手で押して、気持ちよくなれば十分です。手のひらを使って流したり、ひねる動作を行ったり、こぶしを使ってさするなど、単純な動きで足やせが可能となります。

PostHeaderIcon 血清脂質検査

病院で血液検査を受ければ、中性脂肪の値が分かるようになっています。健康診断の結果の情報については、血清脂質検査の欄に「中性脂肪」「トリグラセライド」「TG」という項目があり、「mg/dl」の単位が扱われています。さて、この数値はどのくらいの範囲で正常な部類に入るのでしょうか。日本医師会のウェブサイトを調べてみると、中性脂肪の基準値は30〜180mg/dlと幅がありますが、150mg/dl以上は高脂血症としています。また、厚生労働省が2008年4月から40〜74歳の医療保険加入者に向けて行っている特定検診、いわゆるメタボ健診についても、特定保健指導が必要なのが150mg/dl以上の人と決定しています。ほとんどの医療現場は、中性脂肪の基準値が150mg/dl未満ですと正常範囲内、150mg/dl以上の場合は要注意とし、300mg/dl以上の場合は危険値(異常値)と設定しているのです。これが短い期間のうちに値が急上昇したり、中性脂肪とは別の脂質値との兼ね合いで考慮されるケースでは、150mg/dl未満だとしても治療が必要になります。医者からの厳重な注意を受けた人はもちろん、わずかでも不安が残る数値が表れた人も、日常生活の食事面や運動面に気を遣い改善に努める必要があるでしょう。それから、年に1回の定期健診のみならず、なるべく血液検査をしてもらうようにしましょう。改善策として食事内容や運動習慣などを変化させても数値の下降が順調にいかない場合には、何かほかの病気が関係している場合もあります。自己判断で数値を見てしまうのは危険なことがありますので、分からない点は医師に質問してみましょう。ただし、食事をしてしまうと中性脂肪の値が上昇しますので、採血検査は12時間以上何も食べない状態で行わなくてはなりません。

PostHeaderIcon 関連ページ情報


Highlights
  • 中性脂肪と食事療法

    中性脂肪は、本来の予備エネルギーとしての機能を果たせる分だけを貯蓄し、余りが多く出ないようにすることが理想的と言えます。中性脂肪値が現状において要注意になっているケースでは、これ以上ひどくならないよう
    Read more...

  • ひざの脂肪

    一見脂肪がないように見えるひざも脂肪は付きます。ひざの後ろ部分には、足やせの効果が得られるリンパ節があります。そこをマッサージすることを心がけると、滞っていた老廃物や脂肪をろ過することができるようにな
    Read more...

  • 中性脂肪と食事療法

    中性脂肪は、本来の予備エネルギーとしての機能を果たせる分だけを貯蓄し、余りが多く出ないようにすることが理想的と言えます。中性脂肪値が現状において要注意になっているケースでは、これ以上ひどくならないよう
    Read more...

  • 中性脂肪と食事療法

    中性脂肪は、本来の予備エネルギーとしての機能を果たせる分だけを貯蓄し、余りが多く出ないようにすることが理想的と言えます。中性脂肪値が現状において要注意になっているケースでは、これ以上ひどくならないよう
    Read more...

  • 中性脂肪と有酸素運動

    中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからで
    Read more...