PostHeaderIcon 脂質・糖分・中性脂肪

肉類が主体の献立構成や食生活の中の脂質・糖分が多すぎるために中性脂肪が膨れ上がってしまい、肥満体の人が増えています。肥満の状態はほかの疾患へつながる危険がありますから、通称メタボ健診と呼ばれている検査が2008年4月から定められています。メタボ健診の中で生活習慣病のリスクを持つと見なされたケースでは、特定保険指導を受けることになっています。特定保険指導ではその個人の肥満タイプを識別してから、それに合った改善策について教えられることがあります。ここでは、分類される肥満のタイプに関して少し確認していきましょう。まず、女性に多いとされるのは、洋梨タイプが挙げられます。上半身は普通体型なのに、腹部やお尻、腰、太ももにたくさんの皮下脂肪がついているという肥満で、皮下脂肪型肥満という呼称が用いられたりもします。洋梨タイプのケースでは、必要以上な中性脂肪の摂取や運動を行わないことが大きな原因です。続いて、中年の男性にありがちな、りんごタイプの肥満を確認していきましょう。このタイプの肥満は内臓脂肪型肥満に該当し、おなかまわりを中心とした上半身の脂肪が多く、膨らんで見える状態です。もうひとつの内臓脂肪型肥満は「隠れ肥満型」とも呼ばれ、脂肪が肝臓などの臓器の周りに溜まるというものです。中性脂肪が肝臓で作られ、脂肪細胞を太らせていくため、内臓脂肪型肥満の原因になってしまいます。隠れ肥満型でしたら、体脂肪率を見ればすぐわかりますが、外見では肥満に見えない場合もあるため注意が必要です。最後は、現代病ともいわれている血液肥満タイプを見ていきましょう。いわゆる「ドロドロ血液」については、中性脂肪などの脂質が血液中に溜まることが原因の血液肥満のことを指し示しているのです。こうしたことから、肥満解消や肥満予防には、中性脂肪を調整することが密接に繋がっているのです。

PostHeaderIcon 足やせ

足やせは、日常生活のちょっとした工夫でほっそりとしたきれいな足を手に入れることができます。大根足になった要因を紐解けば当たり前と言えるでしょう。むくみがあらわれていたり、筋肉が過度についている、身体のゆがみによるものが、太い足を生み出してしまうようです。自分自身の足が徐々に太ってしまった理由を思い返してみましょう。むくみが原因と分かったら、むくみの要因として考えられる日常的要因、食生活の乱れを改善していきましょう。足を太く見せてしまうむくみは冷え性を抱える人に引き起こされるということが分かっています。食事で摂る塩分はできるだけ少なくして、食事は身体を冷やさないように改めていくことが大切です。冷えを解消すると言われている根野菜、温野菜などが良いとされていますし、水分も摂取しなければいけません。終日同じ姿勢をしている人や立っていることが多い人は、むくみを良くするためのストレッチなどを日々の生活に取り入れるのが効果的です。むくんでいるのを解消しながら身体のゆがみをなくすストレッチを実践すると、足やせ成功の近道になります。筋肉に脂肪が付くことによって太い足に変わってしまったのは、運動を急に中止した人だけに起きる症状です。筋肉によって新陳代謝が活発になっていたにも関わらず、運動をやめたことが原因で脂肪燃焼がストップして、行き場のない脂肪が残って筋肉のやわらかさが失われてしまうのです。その場合には、かたくなった筋肉などをやわらかい状態に変えましょう。筋肉をやわらかくすると、リンパ液が正しく動いていきます。筋肉から硬さをとるには、誰でもできるようなストレッチをおすすめします。ウォーミングアップで行うような感じで身体の隅々まで伸ばしたらリンパ節の揉みほぐしを行います。効果的に足やせを行うために、順番を変えずに動かすことが大切です。

PostHeaderIcon 中性脂肪と有酸素運動

中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからでも日々わずかでも運動をする癖をつけるようにしましょう。このことで、運動をする癖が身に付いてきたら、今度は有酸素運動を始めてみましょう。有酸素運動というのは、運動のうち多量の酸素を体内に摂取しながらする類を言い、中性脂肪を効率的に減らすのに役立ちます。誰でも始められるような有酸素運動としては、ジョギングやウォーキング、それから水泳やサイクリングが挙げられます。有酸素運動の準備として、はじめに足首のような体の節々の動作に必要な簡易的な体操を行って深呼吸をしましょう。運動を始めたあとは、ペースが落ちても構わないので、30分程度は止めずに続けることが必要です。それは、運動エネルギーがはじめに筋肉の中のグリコーゲン、次に糖質、その次に脂肪という順番で消費されるからです。ですから中性脂肪をしっかり燃焼させるためには、運動を30分以上行うのが効果的なのです。運動したあとは、汗をよく拭いてから水分もたっぷり摂るようにしてください。慣れないうちはサボりたいと考えたり、早起きして運動しなければいけないのをきついと感じたりする人がたくさんいます。しかし、それなりに長い期間継続していき体の重さが解消されるのを感じると、徐々にゆとりができて運動が苦にならなくなります。なお、過度の運動は逆効果であるばかりか、体のトラブルへつながってしまうこともあります。太っている方は特に、どういった種類の運動にどの程度取り組むのが適当なのかを医療機関で相談するのが賢明です。

PostHeaderIcon 関連ページ情報


Highlights
  • 中性脂肪と有酸素運動

    中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからで
    Read more...

  • 中性脂肪と食事療法

    中性脂肪は、本来の予備エネルギーとしての機能を果たせる分だけを貯蓄し、余りが多く出ないようにすることが理想的と言えます。中性脂肪値が現状において要注意になっているケースでは、これ以上ひどくならないよう
    Read more...

  • 中性脂肪と有酸素運動

    中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからで
    Read more...

  • 中性脂肪と有酸素運動

    中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからで
    Read more...

  • ひざの脂肪

    一見脂肪がないように見えるひざも脂肪は付きます。ひざの後ろ部分には、足やせの効果が得られるリンパ節があります。そこをマッサージすることを心がけると、滞っていた老廃物や脂肪をろ過することができるようにな
    Read more...