PostHeaderIcon リンパ節のマッサージ

足やせ方法として効果が高いのはリンパ節をメインとしたマッサージを取り入れることです。 リンパ液とは、体内に必要のない余分な脂肪や老廃物や水分を体外へと流し出すのに必要とされる役目を果たしています。足やせを早く実感するには下半身から排出できない老廃物などをリンパ管に流し込むことでリンパ液を無駄なく循環させるのが一番です。マッサージに取り組む前に、普段の生活で自分がしている姿勢を思い出してみましょう。横座りをする機会が多い人、普段から足を組んで座っている人は、足やせ効果のあるリンパ節が圧迫され、リンパ液の流れ方が悪くなります。ちょっとした空き時間にひざ裏のリンパ節を意識して刺激しましょう。リンパ液が停滞することなく流れることで体内になくてもよいものが尿となって流れ出ていきます。くるぶしあたりからひざの後ろ側にあるリンパ節に方向を定めてマッサージをすることと太腿の内外から足の付け根にかけての揉みほぐしが足やせを成功させる秘訣です。足の脂肪の付き方は人それぞれのパターンがあります。太腿が太くなってしまう人、ひざ周りが太る人、ふくらはぎに脂肪が蓄積してしまう人、足首が太めの人、といった感じです。部位が異なると、どのようにマッサージをするかも違います。適した方法でマッサージを続けることによって、足やせの成果が出てきます。自分の足を鏡に映して、どこの部分に意識して行うか決めます。足やせを期待できるマッサージは難しくはありません。自分の手で押して、気持ちよくなれば十分です。手のひらを使って流したり、ひねる動作を行ったり、こぶしを使ってさするなど、単純な動きで足やせが可能となります。

PostHeaderIcon ひざの脂肪

一見脂肪がないように見えるひざも脂肪は付きます。ひざの後ろ部分には、足やせの効果が得られるリンパ節があります。そこをマッサージすることを心がけると、滞っていた老廃物や脂肪をろ過することができるようになります。立ち仕事が多い人、座ったままで長時間過ごすという人は、積極的にここを刺激するようにしてむくみも疲労も解消しましょう。はじめに、2つの親指を重ねたところから、ひざ周りを外側から内側に円を描くように押します。その次に、ひざの周辺に付着している脂肪を、両手でつまんで互い違いに動かします。さらに握りこぶしをつくり、ひざの裏や横にセットして力をいれつつ腿の上を移動していきます。このマッサージを3回から5回実践することで、ひざ裏側にあるリンパ節の方向へリンパ液が流れ出します。正しいマッサージを施すことで、足やせ効果を十分にあらわすことが可能です。このいくつかのマッサージによって、ひざ太りの原因になっているぜい肉を固まってる状態から柔らかい状態にします。リンパ節を意識したマッサージで、リンパ液の流れは改善します。リンパ液は、血液の流れのように心臓のポンプ力を利用して押し出すことができないので、心臓に戻すようにこぶしでマッサージするのです。手軽にできるマッサージですが、足やせを実感できると言われています。このようなマッサージには足のだるさを除去する効果もあります。長いこと足に倦怠感がある人にも、とても役立つマッサージです。足やせの必要がなくても、毎日実践するように心がけると、セルライトの生成を防止できます。足に加えて身体のいろいろな部分もマッサージすると、今以上にきれいな足に変身できるかもしれません。痛いくらいの力加減は、セルライトができやすい状態を改善できないので気をつけなければいけません。

PostHeaderIcon 足のくびれ

ふと見ると、足首の細い部分がなくなったと感じる方もいることでしょう。この年齢までそんなことは起きなかったのに、足のくびれがなくなったり、むくんだままになってしまったなどの悩みが出てきていませんか。それは、慢性化したむくみが要因になっています。マッサージを足くびに施すのは女性向きのケアなので、目的は足やせに限らないので日々の生活で実践してはいかがでしょうか。女性ホルモンの分泌に作用するツボが、くるぶし周辺に存在するためです。くるぶしを意識してマッサージを行うと、女性のホルモンバランスを整えることができます。足首を回すだけでも効果がありますので、テレビを見ながらでもやってみましょう。足やせ効果があるマッサージを加えることで、足首を細くすることができるはずです。はじめに、手を握った状態で、両手をくるぶしに当てて押していきます。このマッサージで、気持ちがいいと感じることができた場所がツボです。それから、アキレス腱周辺を両方の握りこぶしで挟んだ状態で、上向きに押していきましょう。その後も、両手を同じように握って、足の指の根元から足首へと押し上げていくように動かしてください。一番良いのは痛みが少しある状態です。最後に両手で足首を包むようにして、アキレス腱付近からふくらはぎの方へとしぼりながら移動させます。足やせの効果を高めるには、運動も組み合わせるのがおすすめです。かかとを床につけたり床から浮かせたりを10回ほど繰り返すのと引き締まるのを実感できます。このとき、つま先を開いた状態、開かずに立っている状態、かかとだけがついていない状態で行っていくとより効果を得られます。足首については、どんな状況でも刺激を与えられるので、できるだけ動かすことをおすすめします。

PostHeaderIcon 関連ページ情報


Highlights
  • 中性脂肪と食事療法

    中性脂肪は、本来の予備エネルギーとしての機能を果たせる分だけを貯蓄し、余りが多く出ないようにすることが理想的と言えます。中性脂肪値が現状において要注意になっているケースでは、これ以上ひどくならないよう
    Read more...

  • 中性脂肪と食事療法

    中性脂肪は、本来の予備エネルギーとしての機能を果たせる分だけを貯蓄し、余りが多く出ないようにすることが理想的と言えます。中性脂肪値が現状において要注意になっているケースでは、これ以上ひどくならないよう
    Read more...

  • ひざの脂肪

    一見脂肪がないように見えるひざも脂肪は付きます。ひざの後ろ部分には、足やせの効果が得られるリンパ節があります。そこをマッサージすることを心がけると、滞っていた老廃物や脂肪をろ過することができるようにな
    Read more...

  • 足のくびれ

    ふと見ると、足首の細い部分がなくなったと感じる方もいることでしょう。この年齢までそんなことは起きなかったのに、足のくびれがなくなったり、むくんだままになってしまったなどの悩みが出てきていませんか。それ
    Read more...

  • 中性脂肪と有酸素運動

    中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからで
    Read more...