PostHeaderIcon 足のくびれ

ふと見ると、足首の細い部分がなくなったと感じる方もいることでしょう。この年齢までそんなことは起きなかったのに、足のくびれがなくなったり、むくんだままになってしまったなどの悩みが出てきていませんか。それは、慢性化したむくみが要因になっています。マッサージを足くびに施すのは女性向きのケアなので、目的は足やせに限らないので日々の生活で実践してはいかがでしょうか。女性ホルモンの分泌に作用するツボが、くるぶし周辺に存在するためです。くるぶしを意識してマッサージを行うと、女性のホルモンバランスを整えることができます。足首を回すだけでも効果がありますので、テレビを見ながらでもやってみましょう。足やせ効果があるマッサージを加えることで、足首を細くすることができるはずです。はじめに、手を握った状態で、両手をくるぶしに当てて押していきます。このマッサージで、気持ちがいいと感じることができた場所がツボです。それから、アキレス腱周辺を両方の握りこぶしで挟んだ状態で、上向きに押していきましょう。その後も、両手を同じように握って、足の指の根元から足首へと押し上げていくように動かしてください。一番良いのは痛みが少しある状態です。最後に両手で足首を包むようにして、アキレス腱付近からふくらはぎの方へとしぼりながら移動させます。足やせの効果を高めるには、運動も組み合わせるのがおすすめです。かかとを床につけたり床から浮かせたりを10回ほど繰り返すのと引き締まるのを実感できます。このとき、つま先を開いた状態、開かずに立っている状態、かかとだけがついていない状態で行っていくとより効果を得られます。足首については、どんな状況でも刺激を与えられるので、できるだけ動かすことをおすすめします。

PostHeaderIcon 足やせマッサージ

マッサージは、足やせにとって大きな成果をもたらします。プロに携わってもらうのは時間とお金の無駄遣いです。自宅でいつでもやっていくことができます。エステティックサロンでも、足やせマッサージやもみ出しなどを行っていますが、費用を抑えるには自分で行うことが大切です。足やせできると評判のマッサージには、2つに分けられます。筋肉に対して行うものと、リンパ節に働きかけるものです。筋肉に刺激を与えるということは、新陳代謝の活性化につながり、脂肪を燃焼させて足やせを目指します。リンパ節に作用するということは、リンパ管内の流れを良くすることによって、老廃物や脂肪を体外に排出するのを助けます。マッサージは、日々続けていくことで成果を得ることができます。足やせマッサージするくせを持つ必要があります。一番効果が上がる方法は、体温が高い時をねらって行うことです。つまり、お風呂に入りながら行うか、お風呂上がりのマッサージに効果を期待できるでしょう。お風呂に入らない人はいないので、身体を洗浄しながらマッサージすることができるのです。バスタイムの後にはボディ用のスキンケアクリームをつけながらマッサージ効果も得ることができます。足やせに効果を発揮するリンパ節は足の付け根とひざの裏にあるので、手のひらや指の腹を使用してなでる感覚でマッサージします。足首を起点にしてひざ裏のリンパ節までを、力を抜いてマッサージすることを心がけましょう。太腿へのマッサージは、ひざを両方の手のひらで包み、その形のままで足の付け根まで押し上げを行います。痛みを感じるほどの強さで行うのは、意味がないのでやめましょう。

PostHeaderIcon メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームやダイエットへの意識が向けられることが多くなっている中で、中性脂肪値は低ければ低いほど望ましいと認識されている節があります。実際問題として、中性脂肪値に関しては、低過ぎる場合にも健康への悪影響を与えることがあります。基本的に中性脂肪はエネルギー源や体温調節の他、皮膚や器官を衝撃から守るといった大きな働きをしています。このため、全く中性脂肪が見られない状態にあるのは、生命を失いかねない状態といっても過言ではないのです。中性脂肪値が低くなりすぎた状態では、このような変調が表れることがあります。エネルギー源が不足している場合、長時間食事をとれなかったときや激しい運動の際などに、倒れる危険が出てきます。体温調節機能に異常が生じると、人体の熱の産生であったり放出させたりするのを防いだりすることがうまくできなくなります。そのため、低体温症や熱中症に結び付いてしまう恐れがあります。衝撃が中性脂肪によって緩和されないと、ちょっとした打撲でも体に重大な傷を受ける結果になることがあります。ただ、中性脂肪の値が微妙に低いくらいのレベルなら、大抵の場合は大丈夫です。ダイエットの真っ最中という人は、栄養が少し足りないサインだと理解し、脂質や糖質を少しだけ補うとよいでしょう。また、体型が痩せ型に分類される人には、体質的に普通より中性脂肪値が低い人がいるのです。そのような人が無理に脂肪分の多い食事をすると、体の消化器官に負担が圧し掛かり体に不調をきたすことになりかねませんので、注意しなくてはなりません。ちなみに、急に中性脂肪の数値が下がるようなケースは、何かほかの病気と関連がある場合もあります。健康診断を受けたときの結果を受けて心配な点があれば、医師に直接相談してみるとよいでしょう。

PostHeaderIcon 関連ページ情報


Highlights
  • 足のくびれ

    ふと見ると、足首の細い部分がなくなったと感じる方もいることでしょう。この年齢までそんなことは起きなかったのに、足のくびれがなくなったり、むくんだままになってしまったなどの悩みが出てきていませんか。それ
    Read more...

  • ひざの脂肪

    一見脂肪がないように見えるひざも脂肪は付きます。ひざの後ろ部分には、足やせの効果が得られるリンパ節があります。そこをマッサージすることを心がけると、滞っていた老廃物や脂肪をろ過することができるようにな
    Read more...

  • ひざの脂肪

    一見脂肪がないように見えるひざも脂肪は付きます。ひざの後ろ部分には、足やせの効果が得られるリンパ節があります。そこをマッサージすることを心がけると、滞っていた老廃物や脂肪をろ過することができるようにな
    Read more...

  • メタボリックシンドローム

    メタボリックシンドロームやダイエットへの意識が向けられることが多くなっている中で、中性脂肪値は低ければ低いほど望ましいと認識されている節があります。実際問題として、中性脂肪値に関しては、低過ぎる場合に
    Read more...

  • 脂質・糖分・中性脂肪

    肉類が主体の献立構成や食生活の中の脂質・糖分が多すぎるために中性脂肪が膨れ上がってしまい、肥満体の人が増えています。肥満の状態はほかの疾患へつながる危険がありますから、通称メタボ健診と呼ばれている検査
    Read more...