PostHeaderIcon 中性脂肪と有酸素運動

中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからでも日々わずかでも運動をする癖をつけるようにしましょう。このことで、運動をする癖が身に付いてきたら、今度は有酸素運動を始めてみましょう。有酸素運動というのは、運動のうち多量の酸素を体内に摂取しながらする類を言い、中性脂肪を効率的に減らすのに役立ちます。誰でも始められるような有酸素運動としては、ジョギングやウォーキング、それから水泳やサイクリングが挙げられます。有酸素運動の準備として、はじめに足首のような体の節々の動作に必要な簡易的な体操を行って深呼吸をしましょう。運動を始めたあとは、ペースが落ちても構わないので、30分程度は止めずに続けることが必要です。それは、運動エネルギーがはじめに筋肉の中のグリコーゲン、次に糖質、その次に脂肪という順番で消費されるからです。ですから中性脂肪をしっかり燃焼させるためには、運動を30分以上行うのが効果的なのです。運動したあとは、汗をよく拭いてから水分もたっぷり摂るようにしてください。慣れないうちはサボりたいと考えたり、早起きして運動しなければいけないのをきついと感じたりする人がたくさんいます。しかし、それなりに長い期間継続していき体の重さが解消されるのを感じると、徐々にゆとりができて運動が苦にならなくなります。なお、過度の運動は逆効果であるばかりか、体のトラブルへつながってしまうこともあります。太っている方は特に、どういった種類の運動にどの程度取り組むのが適当なのかを医療機関で相談するのが賢明です。

PostHeaderIcon セルライトとは

ダイエットを目指した経験がある人なら、「セルライト」に関して聞き覚えがあるでしょう。セルライトはセルフチェックで苦労することなく見つかります。セルライトとは、「オレンジピールスキン現象」が起こっている状態のことを言います。オレンジの皮のようにボコボコしており、鏡で見れば誰でも分かります。腿の裏付近をぐっと握ってもすぐに発見できるでしょう。足やせするには、固まっているセルライトを解消することが重要になってきます。セルライトとは、身体に蓄積され行き先を失った水分や老廃物が、皮下脂肪と混ざってしまったものを指します。セルライトは、成人女性の8割が蓄積させていると分かっています。大変なことに、1度でもできてしまったら落とすのは困難だということです。別の言葉で言えば、勝手に体内に吸収されていく可能性はありません。なぜ足やせにおいてセルライト対策が重要なのかと言うと、セルライトは太腿にできることが多いからです。太もも、お尻、お腹、二の腕などにセルライトはたくさんできます。さらに、セルライトの付き方は体型から推し量ることができません。足やせをするほど太くないと思っていても、一応は太腿を揉んでセルライトが生じていたりしないかを確認してください。発生したらすぐに見つけて、セルライトがあらわれにくい体質へとなることが足やせのために最も重要です。セルライトが、見られるようになると症状が進んでいくものです。新陳代謝機能が円滑に働かないためにセルライトは見られるようになります。あるのが分かったら、乱れていた食生活や生活習慣を改善し、マッサージを習慣化しましょう。強い刺激を与えながらもみ出しをするのは、改善するどころか悪化する恐れがあります。そのため、効率良く足やせしていくためにも心地よい程度の強さで行いましょう。

PostHeaderIcon 皮下脂肪と中性脂肪

中性脂肪が体の中に入ると、皮下脂肪に溜め込まれた後、使用する際にはエネルギーに変化するのです。しかし多すぎれば、余計な脂肪が増えてしまい、また血液や肝臓に蓄えられて健康被害を招くことにもなります。メタボ健診においては、中性脂肪の値が150mg/dl以上の方を特定保健指導を受けることとされています。この他、日本医師会の公式ページでは、中性脂肪の数値が150mg/dlに達しているか否かを高脂血症の目安に設定しています。高脂血症の別名は脂質異常症で、コレステロールが大量に含まれるようなら「高コレステロール血症」、中性脂肪が非常に多いというケースなら「高中性脂肪血症」と分けられます。高脂血症になった場合でも、外見的な腫れや痛みなどの気が付きやすい症状がないのです。それでなかなか気が付かずに、中性脂肪との関係は病気になって初めて意識する人も多いようです。高脂血症の対処をせずに長期間たつと、動脈硬化を招いてしまうだけでなく高血圧症に罹ってしまう恐れがあります。動脈硬化と高血圧の症状は、互いの症状がもう一方の症状を進行させるという悪い相乗効果があります。それだけでなくこの動脈硬化と高血圧は、脳梗塞などの脳血管障害また心筋梗塞などという心疾患を引き起こす原因にもなると言われています。そして、中性脂肪が過剰に肝臓へ蓄積された場合、過栄養性脂肪肝という病気になるおそれがあります。糖尿病や膵炎などについても、中性脂肪によって誘因されることがあります。大きな病気が中性脂肪と関わりがあるということをお分かりいただけたと思いますから、健康診断を受けるなど一定間隔で確かめる必要があります。検査でわかった数値は、ダイエットと繋げて捉えるというだけでなく、病気の早期発見のために用いることが必要です。

PostHeaderIcon 関連ページ情報


Highlights
  • セルライトとは

    ダイエットを目指した経験がある人なら、「セルライト」に関して聞き覚えがあるでしょう。セルライトはセルフチェックで苦労することなく見つかります。セルライトとは、「オレンジピールスキン現象」が起こっている
    Read more...

  • 中性脂肪と有酸素運動

    中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからで
    Read more...

  • 足やせ

    足やせは、日常生活のちょっとした工夫でほっそりとしたきれいな足を手に入れることができます。大根足になった要因を紐解けば当たり前と言えるでしょう。むくみがあらわれていたり、筋肉が過度についている、身体の
    Read more...

  • 中性脂肪と有酸素運動

    中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからで
    Read more...

  • 中性脂肪と有酸素運動

    中性脂肪を減らし溜めないためには食事での摂取量を適正にすると同時に、運動の習慣をつけることにより消費量を増やすことが重要になります。運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからで
    Read more...